弓道の危険防止

弓道の始動時に心がける危険防止とは?

弓道の始動時に心がける危険防止を紹介しています。

笑った顔

弓道という競技は、常に神経を尖らせて集中しているので危険な事が起こりにくいと考えている人もいるかもしれません。

矢は弓から離れると飛び道具になるので、危険防止をしっかりと行う必要があります。

どういった場合でも、うっかり・・・という事故が起きてしまうケースが起こりえる可能性があるのです。

例えば基本的なことを言うと、羽のついている矢は的前で使わない、曲がっている矢は使わない、矢尻の傷んでいる矢は使わない、などがあります。
危険な矢は注意

笑った顔

少しでも危険がある矢は絶対に使わないようにしましょう。

自分自身は、注意を払っているつもりでも弓道の道具自体に欠陥があると止めようがなくなります。

集中して弓道に向かい合うのは当然の事ならが大切ですが、道具に関しても細心の注意を払い接する必要があるのです。

弓道の初心者は危険防止を徹底する必要がある?

弓道の初心者は危険防止から教え込む必要があります。
初心者は注意が必要

弓道の指導者は、初心者を見ながら的前に立つ必要があるので、指導するときは絶対に目を離さないようにしてください。

初心者が何気なく行った行動が命に関わることも珍しくはありません・・・。

笑った顔

何となく構えた矢が自分に向いていたらゾッとしますよね。

さらに、矢取りをするときも大変危険です。

矢取りをに入るときは射手との意思疎通ができていること、矢取りが終わった後、誰も安土の前等にいないことを確認するなども大切です。

[blogcard url="https://xn--n9jxke2lnb3c5989f.jp/archives/4983"]

自分に合っていない矢を使う時は注意が必要?

自分に合っていない矢は注意が必要です。
自分に合っていない矢は注意

自分の力量と合わない強さの矢は引かないということも大切なので、大きな事故につながらないように安全に配慮しながら行いましょう。

笑った顔

そろそろ、矢のレベルを上げても大丈夫だろう・・・という軽い考えで、変更しない方が良いです。

違う道具を使用して上達したいと誰もが考える事ですが、その前に他人の意見も聞いてみるのも良いかもしれません。

万が一、自分に合っていない矢を使用したことで怪我に繋がったり、他人を巻き込んでしまったなんて考えただけでも恐ろしくなってしまいます。

自分がどれくらい上達したのか確認したいと思いますが、指導者の考えも参考にしながら徐々に上を目指していければいいのではないでしょうか。

弓道は自分の心を鍛える競技でもあります。

焦る気持ちは、弓道の上達を妨げる可能性が高いので、自問自答を繰り返しながら練習に励んでください。

 

 

あと、それと天皇杯を二回制覇された経験を持つ「土佐正明」さんの練習法を学べる動画があります。

これは、他では絶対に知ることができない深い内容のものとなっていて、弓道の基本である射法八節を習得でき中・貫・久を鍛えられる方法です。

土佐さんが日頃からご指導されている基本体・基本体型・息合いなどの「基本を守る」ことの大切さを改めて実感する内容になっています。

笑った顔
全日本選手権を2度制覇し、5度に亘る最高得点者の弓引きをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

⇒ 天皇杯覇者!弓道射法八節の詳細はこちら

 

 

-弓道
-

© 2022 弓道上達への道 Powered by AFFINGER5